2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

2012年8月30日 (木)

衝撃的事実・発見レポ!あがィ~!

宮古に来て様々な体験をしているけれど、たのしみな風景もあるんです。

まずは大自然。

これ、人が造りようのないサイズですから~。それを見るのってこれ、醍醐味です。

そのひとつに、わたし的命名の「宮古のバオバブ」。レンガ積みの煙突のてっぺんに、おしゃれにがじゅまる(らしき)木の葉が、モヒカンみたいにわっさわっさと繁っている。Sh010244

いつも脇の道を通る時、ほんとにその雄姿を惚れ惚れと見ていたんです・・・。

キビ畑にひとりぽつねんと、いえいえ、凛と佇む宮古のバオバブ。

題名は忘れたけど、たしかそんな感じの絵本がありましたよね~。

宮古の歴史を垣間見ている(製糖工場の煙突だったそうですよ~)ようにも見えるあの「宮古のバオバブ」のモヒカン(!)が・・・!、なんと・・・!無い?えっ?ある?Sn3j06980001

いったいどうしてしまったんでしょう!?

この台風で引きちぎれた??まさか、あんな高い所まで木を切りに行く筈が無いし・・・。え゛~?どうして、どうして・・・!

昨日はこの衝撃的事実を発見(というか遭遇)して、少しナーバスな今朝なのであります~。

う~む、すべからくコトは無常なのだぁ~。

2012年8月27日 (月)

発見!!驚愕の扇風機!

宮古は今日台風15号の影響で大風と雨。来なくてもいい14号の動きもあやしく、せっかくの毎日が台風モードで台無し~。

そういえば、この数日前にはすっごい夕焼けだった。台風の前にはこういう夕焼けになるようです。Sn3j0686

ところで、宮古にきて最初の年はすごい台風を体験したんですよ~。自然の猛威ってこんなんだぁ~とびっくりしたけれど・・・。あの台風と比べたら今日のは可愛らしい~。台風対策も少しは見当がつき、すでにベランダのグリーンカーテンを降ろし、植木たちも室内にとりこんである。

経験するとそれなりに賢くなるものですね!っていうか、そうしないと大変ことになる。台風の後に、車を洗いに行くことも知った。今までそんなことなかったけれど、海が近いから塩害防止ということだそうだ。

ところでタイトルに書いたけれど宮古にきてビックリしたのは、この世にはこんな値段の電化製品があるんだってこと。

そもそも、暮らし始めて宮古では扇風機いろんな意味で必須アイテムということが分かったのですが、こちらに来て去年は節電と湿気対策で、乾燥機2台と扇風機を1台買いました。

お気に入りの家財道具はS県の自宅にほとんど置いてきてあるので、こっちの生活はほぼシンプルライフ。つまり、あまり家財道具を持ってきてないのです。(それでも亭主は多すぎるという。わたしが京都で単身生活していたときの家財を持ってきてある)

京都では学生だったのでアイロンをかける必要もなかったから、京都にも持っていっていなかったし、それに宮古で気に入ったアイロンが手に入るとも思えなかったので、こちらでは買うのを渋っていたのです。

でも、どうしてもアイロンが必要になって仕方なく見つけていたら、外観(これ大事)がシンプルで機能も単純。しかも、コードレスという三拍子揃っていて、しかも、なによりお値段が!980円!な~んていうアイロンをbig1で見つけたんです。

え~?!これ動くの?と超疑問でしたが・・・、ともかく1回だけでも使えればいいわいと仕方なく買ったのですが・・・意外にもあれから半年経ちましたけれど、動いてます!!(って、そうは壊れないか~)

それにそれに・・・。この間はマックスバリューでは驚愕の扇風機、980円!を発見。Sn3j0694

ありえない~値段ですよね~。でも、ちゃんと動くんでしょうか?知らないメーカだし、ほんと、これいくらで造っているんでしょうね~?

で、記念(?)に写メしてみました。

それにしても、すごいものがあるなぁ~と驚愕しています。

物の価値って、一体なへんにあるんでしょうかぁ~??

2012年8月 5日 (日)

爆発ならぬ・・・

2012年7月13日 (金)

「豊年祭」・・・いろんなスタイルがあるのね~。

季節はめぐり豊年祭の時期になっていることにハタと気づく。Facebook_064

そりゃそうだわさ、なんとなくピンとこないのは、八重山の離島で体験してきている豊年祭とは、まったく趣向の異なるこの島の豊年祭だもの・・・。Facebook_069

さても・・・、西辺のおバァ達といっしょに、今日はクイチャーのご奉納(とは、行ってから気付いた。そういうことだったのねぇ~)。

いつものように今回も西辺のみどり会は一番乗りと相成った。Facebook_068

それぞれ、体育会の時の上下真っ白の衣裳の上に、干支のグループでつくっている、二部式着物の上着をつけている。

わたしは急遽、○嘉のおバァから借りた上着で参加。

クイチャーも場所によって、全然違うんですね~。Facebook_073

神人たちの祷りや「東金あやぐ」の奉納の舞、そして太鼓の奉納が終わると・・・Facebook_072

いよいよクイチャーです。

慣れ親しんだ西辺のクイチャーが一番よかったと(思う)。

残念ながら、わたしも踊っていたので写真はありませんけれど、アウズ(扇)をかざして踊る西辺のクイチャーはすてき!!

「漲水うたき」でのご奉納を終えて次は宮古神社。立派な石畳の坂を上って移動すると宮古神社が・・・。Facebook_074

この順番が、島の神々の世界の全てを物語っているようですね~。

宮古の皆さんには正式参拝はあまり経験がないらしく、物見遊山風。Facebook_075 拍手をうつのもたどたどしくさえ感じられます。Facebook_076

でも、遠くに建設中の伊良部大橋も望める宮古神社の庭で、Facebook_078漲水のクイチャーを踊るのも、とっても気持ちの良い体験でした!

明日(14日)は宮古祭り。色んなイベントと大事な大綱引きもハイビスカス通りで(つまり、街中の新しいメインストリート)行われます。

2012年7月12日 (木)

「クイチャー」で元気!

毎週土曜日は、西原公民館でコーラス「ゆりの会」があります。

11月11日に「国立おきなわ」で開催される民俗芸能の会に、県からのオファーがあったことから、このところの「ゆりの会」は、それにむけておお張り切りでおバァたちは参加している。

当日歌う予定の古謡を毎週土曜日に練習しているところだ。

おりしもカナダ留学から一時帰国している◎ちゃんも久しぶりに参加。若い人がいると、会も盛り上がりが違うからおもしろい。Sn3j0596

で、今日はひととおりの通しでリハチックにおさらい。

最後はいわずとしれた・・・

「クイチャー」

西原のくいちゃーは、普通のクイチャーよりダイナミックだ。

若手のわたし達を指導すべく、友利のおバァも立ちあがり・・・、

とても95歳とは思えないステップで、クイチャーを指南してくださった。

何とも穏やかな「にしはらな」日々なのである。

2012年7月11日 (水)

シルバ神父とベンポスタ子ども共和国のこと

昨日も書いたけれど、村田さんが逝き、しかもシルバ神父も・・・となると、わたしの中のひと時代が終わったの感ありというところだ。

その2人が奇しくも逝ってしまったことを知ったことは、何だか急な幕引きとなってしまった感じだからだ。

村田さんといえば、「ベンポスタ子ども共和国」を語らないわけにはいかないだろう。それはスペインのオレンセ郊外にあって、子ども達と大人が協働し、自主自立を唱えて活動をする自治共同体。しかも、子ども達は学校へ考えることを学びに行き、そしてその分は給料が払われる。

ベンポスタ内には銀行もお店も学校もなにもかもあり、コロナという共通通貨を使う。日本からもベンポスタにいって育った子ども達が何人もいる。その中にはベンポスタで出会ったジャグリングで身を立てている現役パフォーマーもいて、今では日本で活躍している。

ベンポスタの主なる収入源は、ベンポスタサーカス(LOS MUCHACHOS)だ。

もちろん、近隣とは交流もあって境界あたりには近所の人たちも入れに来るガソリンスタンドもある。このスタンドだってベンポスタの経営するものだ。

もう随分昔の話になるけれど、わたしもこのベンポスタサーカスの日本公演のときには、関係スタッフとして各地に行った。実行委員長は亡き井上ひさし氏だった。

詳しく書くと膨大な量になるので割愛するけれど、興味のあるかたは、こちらへ!星野弥生さん(わたしの友人でもあります)がベンポスタの日本大使だったので、ブログに少し書いてあります。

さて、このベンポスタの理念は実にすばらしい。

『強い者は下に弱いものは上に、そして子どもはてっぺんに』

ベンポスタサーカスでは毎回の最後に、その理念を表わす『人間ピラミッド』を造ってみせた。

そのベンポスタ子ども共和国を率いていたのが、シルバ神父なのだ。

カトリックの神父であるけれど、教会内にとどまっておらず、こうして具体的に神の国、平和の国の設立にチャレンジしていた。

この思想は南アメリカのベネズエラの人々にも受け入れられ、ベンポスタの共同体が設立されている。

今はベンポスタの子ども達も成人し、共同体としての存続は危ぶまれている。でも、シルバ神父が生涯をかけて目指した理念は、そこに集った世界中の子ども達の心に種を蒔いたに違いない。

信念を貫くのが並大抵のことではない。

かくいうわたしも貫きたい信念はあるけれど、毎日の暮らしの中でゆるやかに、そしてしたたかにそれを貫いていくことは、けっこうしんどいかもしれない。

ふっと、父親の信念を思い出す。

『和して流されず』

今日もそうやって生きていこうと想う・・・。

シルバ神父、村田さん、お疲れ様でした!色々と教えてくれてありがとう。

やすらかにお休みください。

2012年7月10日 (火)

ふたりが逝ってしまった・・・

この前『誰も知らない基地のこと』を観て、AllenNelsonが亡くなっていたことを知りしばし呆然としたけれど・・・

なんと!

村田栄一さん、そしてスペイン・ベンポスタのシルバ神父も逝っていた!!

激烈にショック!

随分昔のことになってしまったけれど、民間教育運動の旗手であり教育実践家でありそして評論家であった村田栄一氏とは、「母親たちの教育運動」をしていた時に知り合った。

村田さんはフレネ教育を実践し、何冊もの著書で教育を語った。

村田さんのことですごく印象的だったのは、もうすっごく昔の話だけれど、RIDEFというフレネの国際的教育集会がポーランドであったとき、わたしも参加したときのことだ。

他の参加者たちは旧ソ連の空港から直にポーランド・クラクフに入ったが、わたしは一人だけスイス~ドイツへと飛び、陸路で後から入った。

初めての鉄道での移動に正直なところ不安がない筈はなかった。

それでも、東欧の景色はすばらしく、そして特急はやっぱり速くて、車中泊で翌日の午後クラクフに着いた。

その時である。

予想していなかった姿が、クラクフの駅のプラットホームで小躍りしているではないか~!

村田さんだった・・・。

心細いながらも旅をしてやっとクラクフについたわたしは、村田さんの姿が視野に入った時、本当にホッとしたことを今でも覚えている。

村田さんに駆け寄り、かるくハグをしてから・・・

「ちょっとだけ、うれしかったかも・・・」と遠慮がちにお礼を言うと、村田さんは優しい目でわたしを見つめながら・・・

「ちょっとだけかい?」と言って笑った。まるで娘でも出迎えた父親のように・・・。

(そんなわけないでしょう~、すっごくですよ~)と内心思っていたけれど、わたしはテレながらフフ・・・と笑っただけだった。

この続きはまた明日書きます・・・。

村田さん、早過ぎるよ~(ρ_;)

大野山林

年に一度の「マンゴー祭り」がこの前の日曜日にありました。20120709135900000001_2宮古に来てから、初めて知った言い方。「去った日曜日」

これ、先週の日曜日っていうことです。(日曜日から始まる暦の言い方をすれば、今週だけれど・・・。)

ところが行った時間が悪かった・・・。マンゴーの試食会はすでに10時に一回目を終え、次の試食は午後1時からという。

それまで待ってなんていられないので、大野山林を散策することに・・・。Sn3j0588

膨大な敷地の中が、まあ程ほどに(?)整備されていて、歩きやすくはあるけれどやっぱりもう少しどうにかしたら~?っていう状態。でも、これくらいの自然保護状態でいいのかな??Sn3j05860001

そこここに綺麗な花がありました~!Sn3j05870001

ので、少しだけおすそ分け・・・。

2012年7月 8日 (日)

『復帰40年記念沖縄のグランドデザインをどう描くか』

今年は復帰後40年を迎えました。某紙記者曰く「30年のときと違って、ぜ~んぜん盛り上がってないのは、どうしてなんだろう~」と。

周縁である宮古の「神行事」を体験したまま、沖縄の中心である名覇へ飛んだけれど、身体は移動してもこころはまだ宮古のまま。

上空から見た宮古の海は、感動を覚えるほどの美しさだ。ターコイズブルーの・・・とことばにしてしまうと、絶対にあの美しさを伝えることはできやしない・・・。

さてさて、仕事の打ち合わせを兼ね、名覇で開催されるシンポに参加するために、そしてそのシンポジストに会うために赴いたのですけれど・・・。

『復帰40年記念沖縄のグランドデザインをどう描くか』

Sn3j0582_2そのタイトルからすると、是非若者達の参加を期待したいところでしたが、残念ながら若者達の姿は極僅か。

チケット配布とか関係者の諸々の影響なのか、おじイやおバァ、そしてビジネスマンでも年長の人の姿がいやに目立つ。

県内関係者は3人、そして県外から招かれたのは寺島実郎さんと残間里江子さん。コーディネーターはNHKの柳澤アナ。テレビで見るよりずっとステキな大柄の方でしたね~。(わたしファンです)

実はわたしが会いにいったのは残間里江子さん。Sn3j0584

NHKラジオ放送の関係で京都時代から色々と交流があった残間さんが来島されるという。

ならば・・・ということでメールをやりとりして、「じゃぁ一緒にお昼を食べようか~」ということとなり・・・

翌日はナハテラスにてお茶&おもろまちまで行き、沖縄で一番というソバやで手打ちソバを堪能することに・・・。

わたしがたのんだのは「炙りソオキ付きそば」Sn3j0581

どうやら残間さん、沖縄そばが大好きとのこと。おいしぃのが食べたいというリクエストで、同席したわたしの友人である順ちゃんとミキちゃんのお勧めで、県立美術館・博物館となりのソバやへという段となった。

お店も開いていて・・・しかも奇跡的に4人が座れる席もあり、またまた奇跡的に店長の「手打ちソバ」が一食だけあるという。で、当然残間さんにその手うちソバを食していただき・・・。

久しぶりにおいしぃと思った沖縄そばでした~。残間さんも猛烈に喋り、わたし達も猛烈に喋った3時間でした。

残間さんがやっている「club willbe(クラブウイルビー)の支部つくってよ~、わたし来るわよ~」とのことばを残し、彼女は空港へ。

いつものように激烈にパワフルウーマンでした。

クラブウイルビーの支部できるといいなぁ~。

『運動(なのかな?)はかろやかにすべし!』

これ、彼女から学んだ闘士の姿勢でありました~。

「女子」な一日

初めての神願い体験。

といっても、名覇行きの予定があり急遽翌日に日程をずらしましたが、なおかつ日程的に難しいので準備の作業と前日の「ねがい」を体験させていただきました。

「うぱつ」とはカミにお供えする「神酒」のこと。

沢山の女性達が総勢で、お供えするものや「ミキ(お神酒)」を大なべで作りました。

下の写真は、炊き上がった「うぱつ」を室内で荒熱をとっている作業です。

こうしてみると、完全におバァの姿ですね・・・ヤヴァイ~!

120705_102927

もうすこし詳しくは以下で・・・

http://www.facebook.com/tenreika

こうしてまったりと“女子な”一日を過ごしたのであります~。Sn3j0579

紫イモのようかん(?)おいしかったさぁ~。

«「ちゃうき」・・・って?

「inori・ioriうつほ」から生れた「ことほぎグッズ」

  • んぬつ(命)守り
    「inori・ioriうつほ」から生れたモノ達をご紹介します。 主に書を中心に「言祝ぎ」のモノ達をご紹介します。

島de

  • 天地の和合
    島暮らしの出来事を紹介
無料ブログはココログ