2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« 「がじゅまる」さんへ行ってきました~! | トップページ | クーラ浜(慰霊の日の朝に・・・) »

2011年6月22日 (水)

てぃだが窯へ

宮古島へ移動して一番感じること。

それは、普段使うような道具や食べ物、 そのほか諸々は・・・、つまり何でも作れるって言うこと。

都会暮らしはそれなりに便利。

つまり、何でもお金さえあれば手に入れることは可能ですよね~。

でも、ここでは・・・、たとえわたしがお金持ちであったとしても・・・、すぐに手に入らないものの方が圧倒的に多いんです。

もちろん、必要に応じて通販とか利用は出来ますが、すぐさまと言うわけにはいきません。

いきおい・・・、ええ~い!  ままよ、作っちゃえ~ってことになるんです。

Grp_0000だからこの島の人たちは何でも創ってしまいます。

ちょっと手をだせそうにない、紅型染めだって、こんな風にかんたんに出来ちゃいますぅ~

親しくしていただいている「スペースあこ」で開かれているワークショップでは、こんなかわいらしい紅型もできちゃいます!

実際に家まで建ててしまった人があるって、結構良く聞きますよ。

さてさて・・・、わたしは毎日、筆を持っています。夕べも夕食後書きたくなって・・・こ1時間ではありますが筆を握りました。

110622_141001 で、この愛用の硯に残った墨滴がもったいないので乾かないように・・・窯元にお願いしてふたを焼いていただこうと思っていたんです。

そこで、お友だちの亜子さんに相談したら、「自分で作ったらいいんじゃない?」といともかんたんに仰る。

えっ?できるかなァ~と思ったのですが、考えてみたら観光地である宮古島には、たくさんの窯元があって、観光客向けの体験講座をしているんですよね。

だから、そういうのを利用したらいいっていうんですよ。

そうっかそうっか・・・ってことで、今日も朝からお出かけ。

久しぶりに「てぃだが窯を目指しました~!

Sh010244 途中、わたしが「宮古のバオバブ」と名づけたガジュマルの木のところを通って・・・いざいざ~。

このバオバブのところは、かつての製糖工場跡。

レンガ造りの煙突から、どんな風に生え始めたのか不明ですが、煙突の先から・・・雄雄しくもガジュマルの木と思しき木が~!

キビ畑の中に崩れることなくすっくと立っているンです。

これをみると・・・、アフリカにいかなくっても、行った様な気になるのは・・・わたしだけ??

さてさて、工房についてすぐに製作開始・・・。

粘土は既にこねられているので、あとは形を作るだけ。 

でもコレ、結構難しかったです。平らに伸ばすのだって・・・、自分では平らにしているつもりなのに・・・、ローラーを往復してみると・・・、でこぼこさが微妙に感じられます~。う、う~ん、どないしたらええんや!

Sn3j0001  しかも、蓋は天蓋状のもの(つまり平らなものではなく、うっすらと膨らんでいるように・・・)を狙っていたから・・・、形を作るのってすっごく難しかった。

釉薬もかけていただくことにして・・・、およそ一ヶ月で出来上がるということでした~。楽しみ楽しみ・・・。

縄文をイメージして・・・内側はうずまきにしてみました~!

左上にあるのは、蓋の持ち手っていうか、つまみ(けっして出ベソではありません!?)のつもりなんですけれど・・・、ちゃんと納まるかなァ~??

その下のものは・・・意味不明な入れ物もついでに作ってみました~!

帰り間際に、窯元の主である佐渡山安公さんとお話を・・・。

アンコウさんは、「宮古島の神と森を考える会」の事務局長でもあります。

Sn3j0002 宮古島に伝えられている神行事、神歌などなど採集されている在野の民俗研究者でもあります。

今日はアンコウさんのおバァから伝えられた「ツノザラ」を見せていただきました!!

神行事に使われてきた大切な・・・、本物のツノザラが目の前に・・・!!しかも、工房の棚にぽいっと置かれている・・・って、いかにも宮古島らしいけれど・・・

いいのかなァ~そんな扱いで??

これ、資料としても重要なものなハズです。

大きさはとっても可愛らしい、掌におさまる身の丈大のサイズでした~!人がその営みから作り出す大きさって、結局はこういう感じなんですよね!

平安時代にもヤマトではこうした形のツノザラが使われていたようですから、沖縄あるいは宮古・八重山とヤマトとは・・・、絶対に交流があったはず。

Pa0_0026 ここに暮らす楽しみが増えました~!

ウチナーとヤマトを繋ぐ、細い細い糸が見え始めています!

今日もターコイズブルーの海は穏やかに・・・、そしてキラキラと輝いています。

明日もきっと暑いんだろうなァ~!

因みに今の室温は・・・30、7度

でも、風が吹きぬけているので・・・死ぬほどは暑くありませんけれど・・・、でも暑いっか!!?

« 「がじゅまる」さんへ行ってきました~! | トップページ | クーラ浜(慰霊の日の朝に・・・) »

文化・芸術」カテゴリの記事

沖縄の暮らし」カテゴリの記事

手づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: てぃだが窯へ:

« 「がじゅまる」さんへ行ってきました~! | トップページ | クーラ浜(慰霊の日の朝に・・・) »

「inori・ioriうつほ」から生れた「ことほぎグッズ」

  • んぬつ(命)守り
    「inori・ioriうつほ」から生れたモノ達をご紹介します。 主に書を中心に「言祝ぎ」のモノ達をご紹介します。

島de

  • 天地の和合
    島暮らしの出来事を紹介
無料ブログはココログ