2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月 9日 (月)

神の島から学校がなくなった!!

Iori_258新年早々から読谷村に住む友達が来島。

にぎやかなお正月明けとなった。

陶工である彼女はいまのところ休眠中。

そんな日々にココ宮古島を選んでくれて久しぶりの再会。

Iori_253Iori_267で、彼女のご所望によってこれもまたホントに久しぶりに大神島へ!

いつもはこちらの海岸から拝むだけだけれど、ついたらなんと!超ビックリすることがいくつもあった。

まずは、船着場が近代的になっていたこと、

それからアカガーラの屋根のついた船待合(?)が建設中であること、

Iori_268そして・・・激烈にびっくりこいたのは!いつの間にやら大神小・中学校が~、取り壊されてたァ~!

  しかも、しかも・・・惨憺たる解体工事の跡には・・・、

これ立てたときにはきっと校長先生や教員たちはきっと長々しくウンチクを語ったに違いないはずの「立志の碑」らしき石碑が、ごろりんと倒されたままに放置されている。

あ~、いったい何だったのっていいたくなるような風景だ~。

もっと、激烈にショックだったのは・・・

Iori_266これ、見てください!

アップライトピアノ。

雨に濡れて・・・なんとも見るに耐えないお姿。

友人はかなりショックだったらしく、おもわずなでるようにしてハープのように手で音を出しているではないか!

弾かれてナンボの楽器ですものね、ならば弾いてあげようということで、2人で雨の中の追悼演奏会。Iori_270

彼女曰く

「ピアノの板を利用してあげたいなァ~って想ったらね、わたし達を離れ離れにしないでってピアノの板が言ったからそのままにしてあげたのよ」

「う~ん、そうなの?」としか言いようのないわたしでしたが・・・、

それにしても・・・学校の先生達、何とも感じてないのか~?この有様。もっとも、通勤していたということだから、この姿は見ていないんでしょうね~。島の人は利用しようと想っていた矢先に、ピアノが自らの命を絶ったらしい。

Iori_272何でも、数日前まではすこし上の段に位置するような地面に置かれていたとか。

それが数日前の風で前にひっくり返るようにして下の地面に落ちて全部バラバラになったとか・・・。

えっ!ピアノさん自分でコケタのかしらねぇ~っていうタイミングだったらしいです。

レクイエムを2人で奏でた大神島の一日は、

そぼ降る雨でホントに沈うつだったけれど、

でもピアノさんの最後のトキを、ああして弾いてあげることができたこと、ちょっとだけ良かったような気がIori_261する。

遠見台から見る海は雨に濡れていたけれどとっても綺麗だった。

この島を守るのっていったい誰?

かつて、島の一周道路を阻止した島の神さまは、次の世代を育む学校がなくなったことを(つまり島の人びとの成長を記憶する風景が奪われたこと)どのように受け止めていらっしゃるのだろう?!

宮古島よ!君はいったいどこへ行こうとしているのだ!!

2012年1月 3日 (火)

ありえないほど・・・超ショックな話

静かなお正月を堪能しているけれど・・・

超ありえないことが判った。でも、これは昨日からの話。

お正月といえば!!

そう!箱根駅伝です。

これのない正月なんて考えられません!・・・が!ココでは駅伝をTVで見ることが出来ないことが判ったのだァ~!

だとしたら・・・去年もそうだったハズ。そういえば・・・仕方なくラジオで聞いていたんだわ~。

BSでやってないか見たら、あれって日テレが配信しているらしいけれど、残念ながら沖縄では視聴することあいならず・・・

くっそ~!とつくづく損をした気分な昨日、今日なのであります~!

ラジオ情報によると・・・どうやら総合優勝は東洋大らしいですね~。

視覚で確認していないから、いまひとつぴんと来ないんですよねぇ~

でも、去年の雪辱を果たしての優勝!東洋大おめでとう~!

あ~、それにしても・・・お正月の楽しみがない人生なんて・・・

グスン、きゃなすィ~。NHK、どうして中継しないのかなァ~?????

えっ、今気付いたけれど・・・、もしかして!PC  で見れた~

あ゛゛゛~・・・もはや遅しですけれど・・・。

今夜のニュースで見るしかないですね~。

あ~ァ・・・

2012年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます!from宮古島

Iori_206_3あけましておめでとうございます~!

いよいよやって来ました「辰年」。

パワフルな一年になりますように、宮古島からお祈り申し上げます~!

で、お天気予報もはずれ、なんだかお天気がいいので初詣に。

でも、暖かい宮古島では初詣の感じ、全くありません!

最初はこの間お掃除をさせていただいたうたきへ・・・。

そしたら~びっくり!

サシバがウタキの太い木に留まっていて、あちらも人の気配に驚いたらしく、わたしの姿を見たら、バサバサバサ~と北の方角へ富んで行Sh010042きました!

ウタキにはいる道すがらも、今日は何だかわからないのですが、白鷺が道案内を・・・。

たぶん、道がひらけてエサが見つけやすかったからいたのでしょうが・・・、道案内をされている気分でしたよ!

おつぎは司家(つかさやァ)へ新年のご挨拶。こちらはあまりおとづれる人もなく、静かな佇まい。

アヤンツ(蔵元脇にあるきれいな石畳)を通り抜けると、いつにない賑わいが・・・。

そうです、ここが宮古神社です。Iori_213_2

熊野大権現、そして与那覇勢戸豊見親、目黒盛豊見親、そして仲宗根豊見親が鎮座されているそうです。

沖縄にある神社はなぜかみな熊野大権現。吉野熊野とのつながりを感じさせますね!

宮古島は倭寇の島とも言われていますから、絶対にヤマト勢力とは関係があるはず。(とにらんでます。)

縁日の賑わいを横目に、ここはひとまず退散。近くの観音堂へお参りし帰宅ついでに大神島を拝みに・・・。

で、たまたま立ち寄った名もない浜で・・・、なんと!海がめ発見!!!!!

しかも手負いの海がめさん。

Iori_214夫曰く、「死んでるよ」ということだったけれど、もしや・・・と想い、よーく観察すると、

なんと!鼻から(あれ、鼻かしら?)ブクブクとアワを吹いている。

え~!いきているではありませんか~。

←亀さんが動けなくなっていた跡

急遽夫と2人でより深く観察した結果、かなり弱っているけれど、まずは海へ戻してあげることに。

波打ち際から海へ入れてあげました。「海に帰るのよ~」と声をかけました。

亀さんは力なく波に漂っているだけでしたが、もし万が一命を落とすことになったとしても、浜に上がったままで死んでいくより、海に抱かれて逝く方がいいのではないか~という気持ちで、最後はわたし一人でふんばって抱えて(というのは、わたしは長靴を履いていたから)海に入れてあげました。

どうやら砂浜に上がってから数日経っていたらしく(想像)、甲羅が少しだけ上にめくれ上がり始めてました。痛そうでした。

何となくフッと立ち寄ったところで、海がめを助ける(助かったかなァ~)。ちょっとこれ「浦島太郎」さんモードではありませんか~?

そんなこんなで帰宅後・・・今日は旧暦12月8日でもあるので・・・ムーチーを作りました!

Iori_218Iori_221 ゲットウの葉に餅粉と言われる米粉を練った餅を包んで・・・

それをゲットウの紐で結わえて・・・そして、蒸すこと20分。

Iori_227_3今日のムーチーには、宮古島産のはちみつをたっぷりと入れてみました。美味 しかったです~(*^_^*)

もち粉って内地では、何にあたるんでしょうね。

上新粉?

お団子を作れる感じのものです。これで宮古ではムーチーをつくったり、それから神行事では「ジンゴース」というものをこのもち粉でつくるんですよ~。

Iori_231ゲットウの葉の香りがほのかにして、今日のははちみつも入っているから、上等よ~。

沖縄には「鬼餅伝説」というのがあるのを皆さんご存知でしょうか?

ムーチーは、この伝説に基づいた風習とか。こういうのを実際にやってみるそうした体験が、わたしにとって、今、ココを生きることに少しは繋がっていくのでしょうね。今まで体験したことのない文化を追体験するのですから・・・。

こういう体験を通して、少しづつ島のおバァになっている、わたくしなのでございます~。

海がめさんを助けたり、ムーチーを作ったり・・・元旦の今日は、なんとも意味深い一日だった・・・ような気がするのであります!

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

「inori・ioriうつほ」から生れた「ことほぎグッズ」

  • んぬつ(命)守り
    「inori・ioriうつほ」から生れたモノ達をご紹介します。 主に書を中心に「言祝ぎ」のモノ達をご紹介します。

島de

  • 天地の和合
    島暮らしの出来事を紹介
無料ブログはココログ