2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月 9日 (月)

西の浜はすっごい!

世の中は色々とさわがしいけれど・・・

今日はMちゃんに誘われて、西の浜へ。 Iori_446

おりしも、今日は大潮。

で、モズクを採りに行ったのであります!

すでに地元のねえさん達がモズクをゲット中~。

池間島のちょっとだけ手前にある西の浜へ初めて降り立つわたし・・・。

さすがに大潮の日だけあって、海はかなり向こうの方に・・・。

Iori_447いきおい、ざぶざぶと海に繰りだすわたし達。

あるわあるわ・・・

モズクちゃん。こんなに採れました~!

Iori_448_2

なぜこんなに天然のモズクがあるのかですって??

う~ん、秘密にしておきたいけれど・・・、実は沖合いに養殖場があってですね・・・

そこから流れ出した種(っていうか株?)が、この浜にかってに自生しているらしい。

それにしても、こんなにあるなんて~!グルクンなら入れ食い状態なり~。

海の神さまありがとう!とホント、いいたい気持ちでいっぱいでしたよ~。

でも、でも・・・

帰ってきてからの始末が大変!

冷凍庫の半分がモズク状態になってしまいました・・・。Iori_449_2

でも、湯通ししたてのモズクちゃんはこんなに綺麗な緑色!天然モズクならではの楽しみ方ですね。

で、さっそく夕飯のビールとともに食卓へ!

しばらくは天然モズクを堪能しますです、はい!

Iori_451

2012年4月 3日 (火)

PAC3現地報告in宮古島

最近の最大の関心事だったけれど、ついに・・・

PAC3が宮古島入りしたようだ。

したようだというのは、PAC3の現物を見たわけではないからであって・・・

ただ、今日の荷川取漁港のものものしさからすると・・・

PAC3に違いないということなのだけれど。

おりしも来島している娘夫婦と夕食をとりに出かけようとして、ふと港の方をみたら~!

ぎょえ~、「く・黒船襲来??」かと想われるような大きな船の姿が見えるではないか!!

Sn3j0349すっごくびっくりして、家族みんなで取るモノもとりあえず漁港へ。

すると手前の道の広場には、パトカーが2台も止まっている。

やっぱりただ事じゃあないなぁ~と想いながら、車を漁港に走らせると・・・

沢山の車が港に入っていくではないか・・・

海洋自衛隊の輸送艦「おおすみ」が午後5時半ころ港入港した。

射撃監(文字は違うかも)、発射装置、レーダーなど運び込まれ、すでに野原越にある航空自衛隊宮古分屯地に運ばれたそうな。(帰ってきてからのニュースで知った。)

Sn3j0348何事にも「い~さぁ~」としてしまいがちに思える宮古の人たちも、けっして無関心ではないらしく、たくさんの方々が様子を見に集まっていた。

もちろん、向こうの方では団体の赤い旗がはためいていた。

ときおり、「PAC3はいらない~!」とスピーカーで呼びかける声も聞こえている。

Sn3j0346子供連れの人もいらっしゃり、関心の多様さが計り知れた。

ついに宮古にPAC3が来てしまった。

そして・・・これからここ宮古も段々と防衛色に侵食されていくかもしれないという一抹の不安を抱えながら、嵐のような風の中を夕陽が沈むもうとしている海を見つめたのでした。

平和を望むことがどれくらい大変なことか・・・、歴史の流れを押し留めることはできないのか・・・、娘夫婦とともにこの現実を目の当たりにした夕方でした。

夕食を終えもう一度荷川取漁港に立ち戻り確認すると・・・

Sn3j0352 すでに責務を終えた「おおすみ」が、ライトをつけて静かに係留されていた。

このことが変なことに繋がらなければいいけれど・・・

わたしもそうだけれど、宮古に住む皆はきっとそう思っているに違いない。

人生の最期を送ろうと選んだ宮古で、まさかこんな体験をすることになろうとは・・・

人生、いつどんなことになるか分かりません。はぁ~。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

「inori・ioriうつほ」から生れた「ことほぎグッズ」

  • んぬつ(命)守り
    「inori・ioriうつほ」から生れたモノ達をご紹介します。 主に書を中心に「言祝ぎ」のモノ達をご紹介します。

島de

  • 天地の和合
    島暮らしの出来事を紹介
無料ブログはココログ