2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« | トップページ | 「ちゃうき」・・・って? »

2012年6月29日 (金)

天空Show ざんね~ん

一年に一度の天空showが観られる(ハズだった)夏至の日に・・・。

Facebook_011 前日の那覇入り後、翌日の朝陽を拝むべく、現地にて車中でスタンバイするも・・・

今年は残念ながら・・・曇りのため・・・

観ることができませんでした(*≧m≦*)。

せっかく3泊4日もの日程をとったのに~。ちょうど同じ時刻あたりにお会いしたのは、少し離れているけれど地元のお母さん。娘さんとご一緒に「50年ぶりに観に来たんだけれど・・・」と残念がっていらっしゃいました。Facebook_017

それに、時が経つとこうなるのか・・・というほど綺麗になっていた。首里城を含めた近隣全体で世界遺産になったものだから・・・、玉城も整備されすぎ~。

グスクロードの沿道には、こんなふうにしっかりと案内版が・・・。

わたし達が始めて玉城にいった12年ほど前には、こんな案内板どころかどこに城跡があるかも分からないくらい草ぼうぼうだったのにィ~。

かつての面影も無く・・・Facebook_008 階段もこんな風に出来ている。前は石の階段(といってもごろごろと石が並んでいるだけで、滑りやすくて怖かった~)だったのですが、観光客というか、「東御廻い(あがりうまーい)」が俄に脚光を浴びたせいか、すっかり綺麗に整備されていました。 Facebook_016

前は、上までの階段は こんな感じの石段だったのですが・・・。これではこの玉城のありがたみが半減もいいところ・・・。

といっても仕方ありませんので、写真だけでも・・・。Facebook_020

玉城の城門が見えますね。

これは下から見た状態ですが、通常は夏至の日にはこんな風に太陽が昇り・・・

P6220030 そして・・・

P6220029こんなふうにゴホウラ型の城門にすっぽりと納まります。

ゴホウラ型の城門が  「母貝」で、その中に「あまてらす」である太陽が生れる。

なんと象徴的な天空ショウでしょう。P6220038

このことを発見し、大和とうちな~の関係を説くのが、市井の研究者である名護博先生。

その著書『赤椀の世直し』では、沖縄の持つ歴史的意味を、そしてこのゴホウラ貝にまつわる新説を説いておられます。

そして・・・もう少し時間がたつと・・・

P6210022_2 こんなに奥のほうまで朝陽の光が差し込みます。

この写真の男性の足もとには、石があります。もしかしたらここがイビだったのかもしれません。今ではこのあたりも草ぼうぼう・・・。 しかも、城門のあたりは、砂利土が入れられて、ひとがたくさん入れるようになっていました。すっごくびっくりです。あんな整備のしかたでいいのでしょうか?かなり疑問!

では、晴れた冬至にはいったいどうなるかといいますと・・・。

Dsc_0282_small_2

冬至には、この逆で西に沈む太陽の光が夏至と逆に差し込み、その光の帯がグスクロードの向こうにあるゴルフ場の芝の上をかすかに光の玉となってゆらゆらと移動していくのを見ることができます。Photo

上の写真は何年か前の冬至の日の夕方に、ここからラジオ(京都三条ラジオカフェ『天鈴花のなんくるないさぁ~』冬至スペシャル)の生中継をしたのですが、そのときのグスクの門を写したものです。たまたま取った写真ですが、なんと!摩訶不思議な光が写り込んでいます。

もちろん、これを写した時にはこの黄色い光は見えていませんでした。

世の中には不思議な現象がありますね~。特に沖縄は!

気を取り直して夫はやにわにラジオ体操を・・・。

Facebook_019 玉城でラジオ体操をする気になるなんて・・・

どうかんがえても、変わっているとしかいいようがありませんが・・・。

夏至の日は早々にホテル入り。久しぶりのお風呂バージョン。だって普段はシャワーですから~。

そして、ビールで久しぶりの旅を乾杯したのでありました~。

Facebook_029 いや~、久しぶりに泊まったホテルは、壷川にあるインターナショナル系のホテル「ホテルメルキュール」でした。リーズナブルプライスのワリにはいいロケーション。眼下にはユイレールが見えました。

まあ沖縄版はビジネスホテルに毛の生えた感じでしたが、新しくていい感じでした。壷川駅から数歩のところにあります。

プチ旅ならお勧めです。

« | トップページ | 「ちゃうき」・・・って? »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

沖縄の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天空Show ざんね~ん:

« | トップページ | 「ちゃうき」・・・って? »

「inori・ioriうつほ」から生れた「ことほぎグッズ」

  • んぬつ(命)守り
    「inori・ioriうつほ」から生れたモノ達をご紹介します。 主に書を中心に「言祝ぎ」のモノ達をご紹介します。

島de

  • 天地の和合
    島暮らしの出来事を紹介
無料ブログはココログ