2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« 大野山林 | トップページ | シルバ神父とベンポスタ子ども共和国のこと »

2012年7月10日 (火)

ふたりが逝ってしまった・・・

この前『誰も知らない基地のこと』を観て、AllenNelsonが亡くなっていたことを知りしばし呆然としたけれど・・・

なんと!

村田栄一さん、そしてスペイン・ベンポスタのシルバ神父も逝っていた!!

激烈にショック!

随分昔のことになってしまったけれど、民間教育運動の旗手であり教育実践家でありそして評論家であった村田栄一氏とは、「母親たちの教育運動」をしていた時に知り合った。

村田さんはフレネ教育を実践し、何冊もの著書で教育を語った。

村田さんのことですごく印象的だったのは、もうすっごく昔の話だけれど、RIDEFというフレネの国際的教育集会がポーランドであったとき、わたしも参加したときのことだ。

他の参加者たちは旧ソ連の空港から直にポーランド・クラクフに入ったが、わたしは一人だけスイス~ドイツへと飛び、陸路で後から入った。

初めての鉄道での移動に正直なところ不安がない筈はなかった。

それでも、東欧の景色はすばらしく、そして特急はやっぱり速くて、車中泊で翌日の午後クラクフに着いた。

その時である。

予想していなかった姿が、クラクフの駅のプラットホームで小躍りしているではないか~!

村田さんだった・・・。

心細いながらも旅をしてやっとクラクフについたわたしは、村田さんの姿が視野に入った時、本当にホッとしたことを今でも覚えている。

村田さんに駆け寄り、かるくハグをしてから・・・

「ちょっとだけ、うれしかったかも・・・」と遠慮がちにお礼を言うと、村田さんは優しい目でわたしを見つめながら・・・

「ちょっとだけかい?」と言って笑った。まるで娘でも出迎えた父親のように・・・。

(そんなわけないでしょう~、すっごくですよ~)と内心思っていたけれど、わたしはテレながらフフ・・・と笑っただけだった。

この続きはまた明日書きます・・・。

村田さん、早過ぎるよ~(ρ_;)

« 大野山林 | トップページ | シルバ神父とベンポスタ子ども共和国のこと »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふたりが逝ってしまった・・・:

« 大野山林 | トップページ | シルバ神父とベンポスタ子ども共和国のこと »

「inori・ioriうつほ」から生れた「ことほぎグッズ」

  • んぬつ(命)守り
    「inori・ioriうつほ」から生れたモノ達をご紹介します。 主に書を中心に「言祝ぎ」のモノ達をご紹介します。

島de

  • 天地の和合
    島暮らしの出来事を紹介
無料ブログはココログ