2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

日記・コラム・つぶやき

2012年7月11日 (水)

シルバ神父とベンポスタ子ども共和国のこと

昨日も書いたけれど、村田さんが逝き、しかもシルバ神父も・・・となると、わたしの中のひと時代が終わったの感ありというところだ。

その2人が奇しくも逝ってしまったことを知ったことは、何だか急な幕引きとなってしまった感じだからだ。

村田さんといえば、「ベンポスタ子ども共和国」を語らないわけにはいかないだろう。それはスペインのオレンセ郊外にあって、子ども達と大人が協働し、自主自立を唱えて活動をする自治共同体。しかも、子ども達は学校へ考えることを学びに行き、そしてその分は給料が払われる。

ベンポスタ内には銀行もお店も学校もなにもかもあり、コロナという共通通貨を使う。日本からもベンポスタにいって育った子ども達が何人もいる。その中にはベンポスタで出会ったジャグリングで身を立てている現役パフォーマーもいて、今では日本で活躍している。

ベンポスタの主なる収入源は、ベンポスタサーカス(LOS MUCHACHOS)だ。

もちろん、近隣とは交流もあって境界あたりには近所の人たちも入れに来るガソリンスタンドもある。このスタンドだってベンポスタの経営するものだ。

もう随分昔の話になるけれど、わたしもこのベンポスタサーカスの日本公演のときには、関係スタッフとして各地に行った。実行委員長は亡き井上ひさし氏だった。

詳しく書くと膨大な量になるので割愛するけれど、興味のあるかたは、こちらへ!星野弥生さん(わたしの友人でもあります)がベンポスタの日本大使だったので、ブログに少し書いてあります。

さて、このベンポスタの理念は実にすばらしい。

『強い者は下に弱いものは上に、そして子どもはてっぺんに』

ベンポスタサーカスでは毎回の最後に、その理念を表わす『人間ピラミッド』を造ってみせた。

そのベンポスタ子ども共和国を率いていたのが、シルバ神父なのだ。

カトリックの神父であるけれど、教会内にとどまっておらず、こうして具体的に神の国、平和の国の設立にチャレンジしていた。

この思想は南アメリカのベネズエラの人々にも受け入れられ、ベンポスタの共同体が設立されている。

今はベンポスタの子ども達も成人し、共同体としての存続は危ぶまれている。でも、シルバ神父が生涯をかけて目指した理念は、そこに集った世界中の子ども達の心に種を蒔いたに違いない。

信念を貫くのが並大抵のことではない。

かくいうわたしも貫きたい信念はあるけれど、毎日の暮らしの中でゆるやかに、そしてしたたかにそれを貫いていくことは、けっこうしんどいかもしれない。

ふっと、父親の信念を思い出す。

『和して流されず』

今日もそうやって生きていこうと想う・・・。

シルバ神父、村田さん、お疲れ様でした!色々と教えてくれてありがとう。

やすらかにお休みください。

2012年7月10日 (火)

ふたりが逝ってしまった・・・

この前『誰も知らない基地のこと』を観て、AllenNelsonが亡くなっていたことを知りしばし呆然としたけれど・・・

なんと!

村田栄一さん、そしてスペイン・ベンポスタのシルバ神父も逝っていた!!

激烈にショック!

随分昔のことになってしまったけれど、民間教育運動の旗手であり教育実践家でありそして評論家であった村田栄一氏とは、「母親たちの教育運動」をしていた時に知り合った。

村田さんはフレネ教育を実践し、何冊もの著書で教育を語った。

村田さんのことですごく印象的だったのは、もうすっごく昔の話だけれど、RIDEFというフレネの国際的教育集会がポーランドであったとき、わたしも参加したときのことだ。

他の参加者たちは旧ソ連の空港から直にポーランド・クラクフに入ったが、わたしは一人だけスイス~ドイツへと飛び、陸路で後から入った。

初めての鉄道での移動に正直なところ不安がない筈はなかった。

それでも、東欧の景色はすばらしく、そして特急はやっぱり速くて、車中泊で翌日の午後クラクフに着いた。

その時である。

予想していなかった姿が、クラクフの駅のプラットホームで小躍りしているではないか~!

村田さんだった・・・。

心細いながらも旅をしてやっとクラクフについたわたしは、村田さんの姿が視野に入った時、本当にホッとしたことを今でも覚えている。

村田さんに駆け寄り、かるくハグをしてから・・・

「ちょっとだけ、うれしかったかも・・・」と遠慮がちにお礼を言うと、村田さんは優しい目でわたしを見つめながら・・・

「ちょっとだけかい?」と言って笑った。まるで娘でも出迎えた父親のように・・・。

(そんなわけないでしょう~、すっごくですよ~)と内心思っていたけれど、わたしはテレながらフフ・・・と笑っただけだった。

この続きはまた明日書きます・・・。

村田さん、早過ぎるよ~(ρ_;)

2012年5月29日 (火)

アロエベラでつくった~! レポ

    知らないということは・・・何とももったいない事だ!

ここ宮古にはたくさんの植物があるけれど、その中でも圧巻なのが、例のアロエベラ。

ところで、このアロエベラからイケてる化粧水ができることをご存知だろうか??

もちろん、手づくりゆえ市販されていないけれど、地域のおバァはこれを10年も前から作っているって。

しかも・・・!

シミが無くなったってイウじゃあないですか~(使った方の感想で、効果を保証するものではありません・・・、とTVのCMみたい)。

で、さっそく作り方を教えていただく為に・・・宮古の「コーラル・ベジタブル」さんの工場へ・・・。教えてくださったのはコーラル・ベジタブル㈱原料・農場管理部長の仲宗根秀明さん。

ピカピカに日焼けした素敵な、にィにィです。Sn3j0489

参加したのはもっちろん、シミに驚愕と恐怖を覚えるプチおばさんたちがメインですが、その中に紛れ込んで(?)ふたりのベッピンさんも・・・。

作り方は超簡単!!Sn3j0484

アロエベラの先っちょとしっぽをチョンチョンと切りおとして、皮をむき(まるで三枚におろすみたいに。かなりぬめりがあるので、要注意。)・・・、

ミキサーに果肉のみを入れて、滑らかになるまでミキシング、そのあと鍋に入れて(かなりヌメヌメしているので、これまた要注意)・・・10分ほど弱火でコトコト煮込むと・・・

Sn3j0488あら~!さっきまでめちゃくちゃネバネバしていた液体が~、なんと!さらっとしているではありませんか~。

スンバらしい変身ぶりに、みんなビックリ~!

ちょっとだけ飲んでみたら、白湯(つまりゆざまし)を飲んでるみたい。因みにこの状態で飲んでもいいということでしたよ~。だって、アロレベラ、食品ですから~。

これにちょびっとクエン酸とかお酢とか、お酒をお好みでどれかを加えます。これで防腐作用をさせ&お好みで好きなエッセンスを加えたり(もちろん、加えなjくても)したら、じゃ~ん!立派な化粧水の完成!

試してみますっ!そして、ここに・・・本日・・・「Missアロエ」誕生すなり~。Sn3j0490

               本邦初公開!This is  AROE bra!

2012年5月27日 (日)

いろいろな経過がありまして・・・

マメに更新せよと娘にアドヴァイスされてはいるものの、何となく書かない日々ですが・・・、facebookにはプチマメに更新してます~。よかったら訪問してくださいね~!

実は・・・SOHOスタートさせました。

名づけて・・・「PiccoloLaboratorio(ピッコロラボラトリオ)」なり。

ま、小さな研究室ってところです。

が・・・、現時点では開店休業状態。というか・・・頼まれ仕事はあるのですが、言ってみれば「浪人の傘張り仕事」状態。

で、毎日お遊びしてま~っす。

そんな中、渋谷のお友だち達が、昨日まで宮古島で「市場の駅・おともだち展」を開催。Sn3j0453「キヨミエプロン」と「feu wax」のキャンドルが並びます。

ホントは担当でもなんでもないんだけれど、ついついショップに足が向いてしまい、そしてなにげに鎮座。Sn3j0463

まもる君も、キヨミエプロンを装着!なんと、観光客に大うけ。記念撮影する若者達が続出です。Sn3j0465_2そして、昨日は・・・

Sn3j0466 アフリカンダンスのメンバーもかけつけ・・・

勢いダンスパフォーマンスとあいなりました~。 Sn3j0468 エミさんも楽しそう~。

こんな 宮古島は、多様なカルチャーの行き交う不思議な島なのであります!

2012年4月 9日 (月)

西の浜はすっごい!

世の中は色々とさわがしいけれど・・・

今日はMちゃんに誘われて、西の浜へ。 Iori_446

おりしも、今日は大潮。

で、モズクを採りに行ったのであります!

すでに地元のねえさん達がモズクをゲット中~。

池間島のちょっとだけ手前にある西の浜へ初めて降り立つわたし・・・。

さすがに大潮の日だけあって、海はかなり向こうの方に・・・。

Iori_447いきおい、ざぶざぶと海に繰りだすわたし達。

あるわあるわ・・・

モズクちゃん。こんなに採れました~!

Iori_448_2

なぜこんなに天然のモズクがあるのかですって??

う~ん、秘密にしておきたいけれど・・・、実は沖合いに養殖場があってですね・・・

そこから流れ出した種(っていうか株?)が、この浜にかってに自生しているらしい。

それにしても、こんなにあるなんて~!グルクンなら入れ食い状態なり~。

海の神さまありがとう!とホント、いいたい気持ちでいっぱいでしたよ~。

でも、でも・・・

帰ってきてからの始末が大変!

冷凍庫の半分がモズク状態になってしまいました・・・。Iori_449_2

でも、湯通ししたてのモズクちゃんはこんなに綺麗な緑色!天然モズクならではの楽しみ方ですね。

で、さっそく夕飯のビールとともに食卓へ!

しばらくは天然モズクを堪能しますです、はい!

Iori_451

2011年12月18日 (日)

今日もえんやこら・・・レポ

Iori_165年末も近くなり、

いままで気になっていたことを片付けたいと想いつつ・・・

お天気がままならないまま、今日まで来てしまった。

でも今朝はホントに久しぶりのお日さま!!

お布団を干したり、洗濯をしたり・・・、

で、さっそく今日もえんやこら~と、草刈モード。

ある神人から「○○のうたきはどうなっている?」と言われ、

半年ほど入っていなかった某うたきへの道をお掃除するために、カマを片手に入ったのでした。Iori_505Iori_173

久しぶりの道はもう草ぼうぼう!!

夏に入っ ていなかった分、草々は自由自在、思う存分に成長している。

クワズイモの葉も、でかいったらありゃしない~。

都会でこれくらいのサイズのクワズイモを観賞用として買ったとしたら・・・

などと、下世話な想像をしたりして・・・。

Iori_168せっせ、せっせと草刈をするけれど、いっこうに埒が明かない。

とはいっても、2時間もすれば・・・

ほれ、このとおり~!

丁寧な仕事人である亭主が、わたしの雑な作業を手直ししつつ・・・きれいに整えてきてくれています。

(つまり、亭主は草刈が目的だけれど、わたしはうたきに入れるように出来ればいいわけでして・・・。車が通れる程度の刈り具合で好としているわけで別にすっかり整備しなくても・・・ねぇ~。というわけで、その辺りでの進捗状況が異なるというわけなのです)

Iori_166「ぎゃー、木から血が~ででる~!」というびっくりぎょうてんもあって・・・

これ、多分樹液ですよね?銀ねむを切ったらこんなになってました~!

今日までで、やっとこさ道の三分の一くらいまで、草刈ができました。

旧暦の12月1日までには、車である程度のところまで入れるようにしたいなァ~。

因みに今日はどこかの方が、このうたきに来られてました。

このうたきに「にがい」に来られる方もいらしゃるようで、なんだか妙に嬉しかったでIori_136す。

こうしたことがあると、頼まれたわけでもないけれど、やっている草刈にも力が入ります。

あまりにも疲れたので、お弁当を買いに購買店にいくと・・・

自治会長さんの奥さんが、「あそこの草刈はさぞかしや大変だろう・・・」といってくださり、

明日は、草刈機を借していただけることになりました。

こうしたことも、お正月を迎える準備、準備・・・。

それにしても今日は疲れた~。

昨日は午後からはゆりの会だった。

ただ今ゆりの会では、21日にある敬老会のクリスマスにご披露するクリスマスソングを練習中。

Iori_175 きれいに声が揃うとおバァ達は・・・

「くいがゆい、くいがゆい~(これが、お祝い)」といって、カチャーシを・・・。

そんな様子を見ていると、

どんなことでも喜びにしてしまうこの島の人々のメンタリティーを垣間見たような気になる。

絶対に都会ではない風景を目の当たりにすると、この島に住むといろいろなことがあるけれど、こういうつながりみたいなものがあるのはいいのかも・・・と思えたりする。

今日は、早々にビールだなっ!

2011年11月 9日 (水)

金星誕生日!!

Iori_414

皆さんは地球暦というのをご存知でしょうか?

宇宙空間を運航する惑星達を太陽を中心にして軌道上に配置し、それぞれがどの位置に今あるかを、目に見得る形で表わしている暦です。

通常は時計は右回りですが、この暦は半時計廻り、つまり左回りで日にちが移動していきます。

で、今日はわたしの誕生日から産出すると、金星がその軌道を丁度101回目廻ってきた日、つまり金星誕生日なのだそうです。

ちなみに金星は太陽の周りを248年もかけて一周します。気の遠くなるような「時」のサイズですよね。

もし興味のある方は、オフィシャルブログをご覧くださいね。

宇宙規模で日にちをとらえ、惑星との関係を意識しながら生きているって、ちょっとわくわくしませんか?

わたしは星座というものの確実性は、信用するに値すると思っています。

人の心も、思想も、政治も、はたまたいまや自然までが変化してしまう時代にあって、けっして変わることなく存在している惑星達。

それが語るものに真摯に耳を傾け、自らを律していきたいなァ~などと想っています。

************************************************

[惑星]  [周期]      [周回数]
1. 水星     88日 ----- 257 周 と、86日(九分の八)
2. 金星    225日 ----- 101 周 と、0日(※丁度)
3. 地球    365日 ----- 62 周 と、49日(八分の一)
4. 火星    687日 ----- 33 周 と、26日(十分の一)
5. 木星     12年 ----- 5 周 と、1039日(九分の二)
6. 土星     30年 ----- 2 周 と、1209日(九分の一)
7. 天王星   84年 ----- 0 周 と、22693日(三分の二)
8. 海王星  165年 ----- 0 周 と、22693日(八分の三)
9. 冥王星  248年 ----- 0 周 と、22693日(四分の一)

2011年10月20日 (木)

秋到来

Iori_646秋の様子が明確になってきている宮古島です。

虫の音は夏うちから聞こえていましたが、いよいよタオルケット1枚では涼しくなりました。

もっとも、部屋の窓は開けっ放しですので、涼しく感じるのはあたりまえ。

もちろん、昼間は開放しているし、夜だってそのまま。玄関だって開け放してあります。

Iori_647 そうしている内に秋が忍び寄ってきていました~。

昨日はついに、わたしだけ絹毛布を出してくるまりました。

亭主は暑いといって、まだタオルケット1枚。

久しぶりにぐっすりと寝ることができたので、毛布を出したのがよかったのだと想います。

でも、ベランダでは季節はずれ(?)のパッションフルーツが結果していますよ~。

何を勘違いしたか、直径5cm位には大きくなっています。このまま大きくなるのかどうかはかなり疑問ですけれどね!

空の雲も完全に秋の雲になっています。

Iori_648 こんな秋でも、まだまだ海は美しいエメラルドグリーン。

湿度も低くなり、とってもいい季節になりました!!

でも、相も変わらず「あかばな」は咲き乱れています。

それに同じ「あかばな」でも色々な種類があって、色もさまざま。

大きいのもあれば、かわいらいいのもある。生物多様性もこんなところに・・・。

2011年10月13日 (木)

お仕事おしごと・・・

お天気がいまひとつの今日は、これから仕事で石垣島へ・・・。実は就労支援セミナーで講師の仕事をさせてもらっています。

有り難いありがたい・・・。

Iori_401 いつもなら夕方の便なのだけれど、キャンセル待ちでも取れず、お昼の便となりました。

昼間飛ぶのは久しぶりなので、石垣島についたらどこか散策でもしようかな~。

では・・・、行ってまいります~!

←宮古島の中にたくさん見かけることが出来る「銀ねむ」の花です。可愛らしいでしょ~?

2011年10月 1日 (土)

宮古空港と三日月

昨日は石垣で仕事だった。

Okikawa2_057 宮古空港でばったりとNさんと会った。

彼はこれから石垣島へ移住するという。

一年ほど前に出合った青年だ。といっても、40近い。

農業をしたいと各地を移動し、数年前に宮古に来たという。

ある農業生産法人に籍を置き、農地を耕し野菜を育てていた。

わたしからすると、彼は知的には問題はないが、ある種の支援を必要とするように見えていた。

その彼が「スキルアップするために」石垣へ移動するというのだ。

わたしは内心、そうか、そういう選択をしたんだね~と想いつつ、彼のプライドを削がないように、返答をした。

Iori_483同じ飛行機で移動することが分かり、図らずも彼の道行きの同行人と相成ったわけだ。

彼はぼそっと「石垣でダメなら、奈良の実家に戻るしかないですね」と、ちょっとだけ自嘲的に呟いた。

社会の中でのいきづらさを彼なりに少なからず感じていたのかもしれないな・・・と想った。

彼のようなタイプは、ちょっとだけサポートが入れば社会の中でしっかりと仕事をしていくことができるんだけれど、中々そういう職場環境が整えられることは世の中にはまだ少ない。

ましてや、離島ともなればなお更なこと。

これから新しい土地で、彼はどんな風に根付いていくのだろう・・・。

要らぬお世話だけれど少しだけ心配した。

Iori_128座席が彼のすぐ後ろだった。これじゃあまるでガーディアンエンジェルではないか・・・。

そんなこともあって、趣味が悪いなァ~と想いつつも、彼の様子を見守りながら、ぼんやりと窓の外を見た。

眼下には宮古の美しい島のアウトラインが見える。

ふと彼の横顔に目をやると、彼の目は何かを探しているように見えた。

そうか・・・、彼なりに想い出はちゃんとあったんだね。

想像の域を出はしないけれど、おそらく数日前まで働いていたその土地をもう一度空の上から確認していたのだろう。

これから行く先の農場では、今までのように出来ないことを引き受けてしまわず、自分Iori_588が出来るそして定型の仕事を自分の担当にしてもらいなさいよ・・・。

わたしはそう心の中で呟きながら、これからの彼の行く末を祈った。

帰ってきた宮古空港の空には薄い三日月が輝いている。

今日も一日ご苦労様でした。

そんな風に言いたくなるような夜の宮古空港は、日中の光から夜の闇へと移りつつあった。

「inori・ioriうつほ」から生れた「ことほぎグッズ」

  • んぬつ(命)守り
    「inori・ioriうつほ」から生れたモノ達をご紹介します。 主に書を中心に「言祝ぎ」のモノ達をご紹介します。

島de

  • 天地の和合
    島暮らしの出来事を紹介
無料ブログはココログ