2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

育児

2012年7月11日 (水)

シルバ神父とベンポスタ子ども共和国のこと

昨日も書いたけれど、村田さんが逝き、しかもシルバ神父も・・・となると、わたしの中のひと時代が終わったの感ありというところだ。

その2人が奇しくも逝ってしまったことを知ったことは、何だか急な幕引きとなってしまった感じだからだ。

村田さんといえば、「ベンポスタ子ども共和国」を語らないわけにはいかないだろう。それはスペインのオレンセ郊外にあって、子ども達と大人が協働し、自主自立を唱えて活動をする自治共同体。しかも、子ども達は学校へ考えることを学びに行き、そしてその分は給料が払われる。

ベンポスタ内には銀行もお店も学校もなにもかもあり、コロナという共通通貨を使う。日本からもベンポスタにいって育った子ども達が何人もいる。その中にはベンポスタで出会ったジャグリングで身を立てている現役パフォーマーもいて、今では日本で活躍している。

ベンポスタの主なる収入源は、ベンポスタサーカス(LOS MUCHACHOS)だ。

もちろん、近隣とは交流もあって境界あたりには近所の人たちも入れに来るガソリンスタンドもある。このスタンドだってベンポスタの経営するものだ。

もう随分昔の話になるけれど、わたしもこのベンポスタサーカスの日本公演のときには、関係スタッフとして各地に行った。実行委員長は亡き井上ひさし氏だった。

詳しく書くと膨大な量になるので割愛するけれど、興味のあるかたは、こちらへ!星野弥生さん(わたしの友人でもあります)がベンポスタの日本大使だったので、ブログに少し書いてあります。

さて、このベンポスタの理念は実にすばらしい。

『強い者は下に弱いものは上に、そして子どもはてっぺんに』

ベンポスタサーカスでは毎回の最後に、その理念を表わす『人間ピラミッド』を造ってみせた。

そのベンポスタ子ども共和国を率いていたのが、シルバ神父なのだ。

カトリックの神父であるけれど、教会内にとどまっておらず、こうして具体的に神の国、平和の国の設立にチャレンジしていた。

この思想は南アメリカのベネズエラの人々にも受け入れられ、ベンポスタの共同体が設立されている。

今はベンポスタの子ども達も成人し、共同体としての存続は危ぶまれている。でも、シルバ神父が生涯をかけて目指した理念は、そこに集った世界中の子ども達の心に種を蒔いたに違いない。

信念を貫くのが並大抵のことではない。

かくいうわたしも貫きたい信念はあるけれど、毎日の暮らしの中でゆるやかに、そしてしたたかにそれを貫いていくことは、けっこうしんどいかもしれない。

ふっと、父親の信念を思い出す。

『和して流されず』

今日もそうやって生きていこうと想う・・・。

シルバ神父、村田さん、お疲れ様でした!色々と教えてくれてありがとう。

やすらかにお休みください。

2011年11月15日 (火)

「カンガde島パンツ」 頒布会&ワークショップ開催しました~!

Iori_066_small島の暮らしに最適と提案した「カンガde島パンツ」。

はたまた「頒布会&ワークショップ」をブックカフェブレスで開催しました!

子育て中のママ達も参加してくださり、情報交換をしつつ、島パンツに挑戦!

Iori_061_smallIori_062_smallホントは男子参加も希望者があったのですが、お仕事が入ったという連絡が入り、いずれも参加できず。

m、m、ム・・・、ざむねん!

でもでも、女子はお喋りをしながら、皆さん時には無言で瞑想状態で、チクチクちくちく・・・

そして時には迷走状態で針を進め・・・

Iori_068_smallIori_069_smallさらに途中では、お茶を楽しみ つつ・・・

5時ころにはなんとか完成しました!

やったァ~!!

柄もそれぞれお似合いのものを選ばれていて、

やはり自分のお気に入りって似合うんだァ~を実感。

Iori_060_small「カンガネットワーク」が広がった、実に瞑想・迷走(?)な楽しい一日でした~!

そろそろ秋も深まり・・・夏には最適なカンガ島パンツですが・・・、

中にレギンスを履くと、冬場でもOKですよ~!

次回はいつですか?の嬉しいお問合せもありました。

開催前にはご案内をする予定ですが、多分・・・今度は年明けになるはずよ~。今度こそ、おのこ達!集合ゾ!!(ちょっと「江」ちっくに・・・)

次回はカンガも総入れ替え、はたまた・・・60枚を一挙公開の予定なり~!

ご期待あれっ!!

2011年11月10日 (木)

他人事ではないです。

福島のことは他人事じゃあない。

第3の被爆体験となった、この原発事故を無視できません。

17年ほど前にスイスからプラハに電車で移動した時、東ヨーロッパのどの国だったか忘れましたが、鉄道のすぐ近くに原発の炉が見えていました。

その巨大な建物を見た時、始めは原発だと想いませんでした。(余りにも暮らしの近くにあったから)

でも例の形、見たことがある形で原発だと判りました。

沖縄は福島からは遠くにありますけれど、それでもどうしても他人事とは思えません。

ここ宮古島にも、福島から移住されておられる方がいらっしゃいます。

Avaaz.org からのメッセージ、よかったら、読んでください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日本在住の皆様へ

今現在、福島市とその付近では、数千人の地元住民が、高レベル汚染地区に閉じ込められています。黒い雨が空から降り、地元の農作物は汚染され、津波によって住む場所をなくした家族やその子供達は避難することもできません。それでも政府は彼らを助けることを拒んでいます。

そこで福島の女性たちが動きだしました。日本中から数百人のサポーターが集まり福島の子供たちが避難するための支援を野田総理大臣に求めるため、東京の経済産業省前に座り込み、訴えています。私たちも彼女達と供に訴えることができます。

これは事実上、彼らの命をかけた行動です。放射能汚染の真只中にいる子供達には、時間がありません。プレッシャーを感じ始め、日本政府は48時間後に緊急会議を開催する予定です。福島の母と子供たちをサポートしよう!

子供達の健康と未来のために嘆願書に署名し、家族や友人に転送してください。署名が2万に到達すれば、野田総理大臣に直接届けられます。

http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children_1/?tta

我が国は今、選択すべき時にある。家族の価値観を大切にし、全ての子供たちの未来のために国家を再建していくか、困難に直面する人々に対して、このまま見て見ぬ振りを続け見捨てるか。福島に住む家族には一刻の猶予もない。日々大量の放射能を浴び、深刻な健康被害のリスクを高めている。

長期的な放射線被曝は、今日の子供たちだけでなく、その子供たちの子供たちまで、何世代にもわたって悲惨な影響をもたらす。チェルノブイリの事故後、旧ソ連は現在日本で問題となっている地域よりもはるかに低い放射能汚染地区の住人も避難させた。

放射能で汚染された地域に取り残された福島市の子供たちは、自主避難に対する政府の援助無しに、この健康を脅かす深刻な状況から抜け出すことはできない。それにもかかわらず、日本政府は汚染レベルが、25年前のチェルノブイリ事故後に旧ソビエト政府が強制避難地区に設定した基準の4倍に達するまで、避難地区の対象としない。

何万もの日本人が力を合わせてこの状況に警報を鳴らせば、情勢を変え多くの家族に希望をもたらすことができる。日本の皆で共に抗議の声を上げ、野田総理大臣に国の信用に関わる問題であることを示し、立ち上がって人々の命を救うよう説得しよう。 緊急会議は二日後に開催されます-- 今すぐ嘆願書にあなたの署名を!

http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children_1/?tta

3月11日、大地震に見舞われた日本は、今もまだその破壊の規模を受け入れようとしている。しかしこの荒廃の中に、国家再建のチャンスがある。私たちの国は今までにないほど団結し、日本のすべての人々のために、よりよい国にしていこうと行動し始めている。今こそ日本の子供たちとその子供たちの子供たちのために、健全な未来の土台を作っていこう。

希望を込めて

Kya, Luis, Dalia, Iain, Antonia, Carol, Emma, Ricken, Diego,その他Avaazチーム一同より

詳細情報:

女性達の反核デモ。

http://www.nipponnews.net/news/womens-anti-nuke-demonstration

フェースブックページ 福島女性たちの座り込み。
http://ja-jp.facebook.com/notes/namida-project/fukushima-womens-sit-in/214560515280077

特集ワイド:女たちの脱原発 座り込み集会ルポ (毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20111102dde012040025000c.html

全国女たちの座り込み! (市民社会フォーラム)
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=11124

------------------------------------

AVAAZについて

Avaaz.orgは世界の人々の声や価値観が政策決定に反映されるよう世界規模でキャンペーンを行う非営利団体です(Avaazは様々な言語で「声」を意味します)。Avaazは政府や企業から一切資金援助を受けず、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨーク、パリ、ワシントンDC、そしてジュネーブを拠点とするスタッフにより運営されています。 +1 888 922 8229



2011年10月 3日 (月)

子そだての行く末

Iori_004 久しぶりに長男から電話があった。

宮古島に来てから一年半が経つが、長男と話をしたのも、一年ぶりくらいだ。

わが家族は、それぞれあがそれぞれの土地で暮らしているから、TVドラマで見るような家族形態をとっているわけではない。

それを息子は一家離散といっている。

でも、考えてみれば長女、長男、そして末子と、それぞれが自前で生活しているのだし、独立した年齢でもあるわけで・・・。

そういうのって離散ていうんじゃあないんじゃないかなァ~と想うけどなァ。

長女は結婚して板橋にいる。

アートブックメイキング(製本作家)という仕事をしていて、連れ合いと一緒にアトリエ兼ショップを経営している。わが子ながらよく頑張っているもんだ・・・と感心する。

http://www.marumizu.net/

長男はBMWのマイスターだ。去年はマイスターの全国コンテストで三位になったらしい。ゆくゆくはレストアの仕事をしたいらしいが、ご時勢もあって様子見とか。この長男が埼玉のわが家に住み、守ってくれている。

Iori_134 電話によると庭木が大分大きくなっているような話だ。だが、手入れをしている様子もない。好きな世界を生きることで十分のようだ。

この息子、高校生になったころは「お母さんBe動詞って何だっけ?」と、たわけたことを言っていたが、今ではTOIECでスコアーが800点オーバーの力を持つ程度にはなっている。

本気になれば何とかするタイプだ。

次男は沖縄に住んでいる。

高校3年生の時に、突然、琉球大学を受けると言い出し、滑り止めを受けることもなく、単独受験した。これもココ一発というときには、踏ん張りが利くタイプだ。

彼は琉球大学で植物の分類学を学んだ。そのまま大学院に進学して修了後は、寒い所に戻りたくないとそのまま沖縄に住み、今では環境アセスメントの仕事を安給料ながら楽しそうにしている。

Iori_349 わたしは末子は研究者に向いているからと、博士課程に進学したら?とアドヴァイスした。

だが息子は間髪をいれず「博士論文が提出できるほどの能力は無いよ。第一、進学したとして修了すると、僕は一体いくつになると思っているんだい、お母さん」と言いやけに冷静な判断を下した。

それでも、修士課程の修了式に息子がこういった時は、つくづく息子に学問の世界を体験させてやれたのはよかったと思った。

「お母さん、僕はやっぱり学問ていう世界に触れることができてよかったと思うよ。分類学を学んだことで、なぜ生物多様性が大切なのか、なぜ色々なものが多様であるのかと言う意味が分かったような気がする」

Iori_255これは親にとって、何にも変えがたく、有り難い感謝の言葉だったなァ~。

それぞれが自分の世界を持ち、安給料ながらも男どもは自分の仕事を喜んでやっている姿がそこにある。娘はしたたかに自分の世界を広げつつある。

ところで、今わたしは就労支援の仕事をしているが、若者達が悩んでいるのを目の当たりにする機会が多くある。

若者達は「何をしたらいいかわからない・・・」「自分に何が合っているのか知りたい」と口々に言う。

そうした若者を見るにつけ、いつだって想う。

ひとりひとりにきっと合った世界があるんだから、絶対にあきらめないで・・・と。

Iori_386離島にいると仕事にたどり着くことの厳しさがホントにあるけれど、でも、きっと自分の力が発揮できる世界はあるんだと信じている。

もちろん、本に出てくるような世界ではないだろう。

けれど、たどり着いた世界を自分の望む世界に育てていくことだって、決して不可能ではないと想うんだ。

そうした希求することを支えていくのは、やっぱり一番身近にいる家族であり、そして「この世(世界)」だろう。

だからせめてわたしは自分のできることで、この世の一員として若者達をサポートしていきたいんだ。

2011年8月 2日 (火)

フリマから珊瑚の海へ~

Iori_160毎月末にフリマが開催されている。ブックカフェブレスという素敵な空間でです。

久しぶりに家の中のものを・・・はやりの・・・『断・捨・離』ということで、フリマに参加しました~!

売るほうも買うほうも、参加者の多くは子育て世代。

若いお母さん達が圧倒的に多いなかで、ひとり島のおバァは頑張った~!

都会のフリマと違って、実用品が人気。

子育て時代にはホント、服やおもちゃ、欲しいですよね~。

このフリマ、島の子ども達に本を贈ろうというグループ「一種百万倍島」の主宰で、毎月末に開かれていて、全国各地からフリマ用に寄付された品々が・・・ひとつ300円程度で手に入ります。

もちろん、新品も沢山あるんですよ~!

それに、この間咲いた「下がり花」の苗もここで手に入れました。今回はパッションフルーツの苗が出てました~!

Iori_161_5 だからと言うわけではないのですけれど・・・、って、だからか~?帰りには・・・荷物が増えている~!『断・捨・離』どころのさわぎじゃァないなァ~。

で、気を取り直して・・・おなじみのある海岸(ウチから車2分くらいの所、ほぼプライベートビーチ)の海岸に、いざいざ・・・。

たまたまグランドゴルフに来ていたらしい、にィにィ(お兄さん)が・・・

「あっちにキャベツ畑みたいなのあるよ~」と教えてくれたので、がんばっていってみました

でも・・・、あっちっていったって・・・どっちさァ~??なにせ視界は360度に開かれているんだから・・・あっちは360度可能性があるわけで・・・。

でも、指差す方向を頼りに・・・いざいざ・・・

Iori_163_2ふと足元をみると・・・潮が引いたので、取り残されている魚達がたくさんいます。

これは、コバルトスズメ達。

とってもきれいなターコイズブルーです。

もう少し大きくてもっと色が碧いのも沢山泳いでました~。

キャベツ畑まで泳ぐ泳ぐ・・・といってもスノーケルでプカプカと・・・

ありました~!はぁ~??キャベツ畑??ですかっ??でもすっごく豊かな海を見たような気にさせる、珊瑚の寶箱。TVでしか見たことの無いような風景でした。

Iori_162ここ、絶対に宮古の穴場だなァ~。

島のなかにいろんなビーチがあるけど、どこのビーチより絶対きれいだわァ~。

それに、岸から近いとこにこんなすごい珊瑚の塊があるなんて~。

それに、人もぜ~んぜんいない!!

テーブル珊瑚、枝珊瑚、ソフトコーラル(やわらかい珊瑚)、何十種類もの珊瑚の畑が目の前に・・・。

もちろん、可愛らしい熱帯魚達も・・・。

すっごくきれいでした~。

でも、残念、水中カメラもってないんです。

Iori_165シャコガイも沢山いたみたい。

で、亭主は黒蝶貝と寶貝を・・・ゲット。

ご近所の若いママに教えてもらいましたが・・・、食べても美味しくないって~。

残~ん念。

黒蝶貝にもし黒真珠が入ってたら~

どうしましょう~

う、う~ん

百満長者にはならないと思うけど・・・

一種百万倍島の恵みじゃァ~!!

「inori・ioriうつほ」から生れた「ことほぎグッズ」

  • んぬつ(命)守り
    「inori・ioriうつほ」から生れたモノ達をご紹介します。 主に書を中心に「言祝ぎ」のモノ達をご紹介します。

島de

  • 天地の和合
    島暮らしの出来事を紹介
無料ブログはココログ