2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

芸能・アイドル

2011年10月17日 (月)

みどり会は「ぷからす」会じゃァ~!

Iori_624おなじみ西原みどり会。(つまり老人会)

今日は定例会の日です。

本当は土曜日だったのですが、

このところ季節柄行事が多く、

今日17日に移動と相成りました。

で、今日の定例会はわたし達「ゆりの会」がお当番で出し物を出す回でした。

この間からしばらくおバァ達もはりきっていて、

今回は「大漁浜」と「クイチャー」を披露することになったのです。

Iori_658 今日は

みんなそれぞれ「つん」(着物)を身に付けて

緊張気味。

おバァから気付をしていただいて、

わたしも出番をいただきましたよ~!

そしてまた、

「いん」と「とり」年生まれのねぇね達も担当となり、

美しい琉球舞踊を披露していました。

Iori_663 いいですよね~、こういうの、

自前で楽しめるなんて、

ほんと、いいですよ~。

こうしておバァ達は、毎月エナジーを補給するわけさァ~。

2011年8月28日 (日)

94歳、サダおバァが舞う!

断ってはいけない風土に暮らすと、お誘いを受けることにちょっとばかり慎重になる。

しかしながら、やはり断れなくて・・・完全なる受動で動くこと、Iori_444 しばしば・・・。

今日はブックカフェブレスで定例のフリマ。

この間のカンガワークショップに参加してくださったMママがA君と一緒にこられていて・・・

しかも!A君用のカンガ、ママお手製で仕立てての姿でご登場。

こうした実践(?)的態度、嬉しいですよね~!

縫い方さえ分かれば簡単なカンガパンツ。

こうして普段の暮らしで役立てて欲しい~。

Iori_447午前10時半くらいから午後1時くらいまではフリマに参加して、お昼を食べて・・・

←今日のお昼はこれ!ブックカフェブレスのランチ。

おいしい島野菜のカレーです。

そして・・・その後その足でみどり会へ。

みどり会とは、西原地区の老人会のことなんです。

わたしもココではしっかりとおバァ組。

まだまだ若者・・・を気取っているわけにもいかず、「来るんだよ~」との掛け声に逆らうことも出来ず、はたまた受動を生きるのであります。

定例会なので、会長挨拶から講話、そして行事予定などをこなし、休憩時間をいれて第二部は余興とあいなる。

Iori_451 今回の出し物は、幸の会(奉仕グループ)が、『島ばきのあやぐ』

ぴつ年(未年)生まれが『石狩の町よさようなら』

そしてさる年生まれは『与那ンダキヌカニ兄ガマ』をそれぞれに、ご披露。

『石狩の・・・』では、あの94歳サダおバァが Iori_456 やにわに立ち上がり、踊りだした~!

会場はそれだけで盛り上がり、やんやの喝采。

すごいパワーでした。

←因みにこの『石狩・・・』を踊っているおバァ達もみな80代。

こうした地域の力が、ココに住まうお年寄りを元気にしているんだよなァ~。

Iori_457『 ガンジューサイツバン、ツムカギサイツバン』

これが西原地域のスローガンとか・・・。(因みに元気であること、賢くあることそれが一番だよ!と言う意味です)

わが『めざせ!島のおバァ~!』プロジェクト、実践するには・・・なかなかに・・・大変そうであります~!

2011年8月23日 (火)

残間里江子さんの宮古体験・・・

PhotoIori_294 この間取材で宮古入りした残間里江子さんが、

ご自身のブログで宮古取材のことを書いてくださっています。

テレビで拝見するよりずっとずっと素敵な感じの女子でした~!

都会で走り続ける残間さん、山口百恵ちゃんの「蒼い時」のプロデユースで一躍有名となった彼女、単にプロデュースするだけでとどまらず、総合的にすべからくに取り組まれている頼もしい方です。

http://club-willbe.jp/zamma/2011/08/818-2.html

素敵な残間さんのブログもご堪能を・・・!

今日のわたしは・・月に3回担当させていただいている就労支援セミナー。

沖縄の最低賃金について吠えてきました~!

Iori_328 明日は・・・

「カンガde島パンツ」のワークショップ開催です。

スペースあこで午後7時から・・・

よかったらご参加を・・・

ご希望の方は 080-5309-1655 もしくはtenreika@ezweb.ne.jp   宛てご連絡の程を・・・!残りの席は4席です。

2011年8月11日 (木)

古謡

Iori_201ついこの間もお知らせしましたが、NHKラジオ第一の夏のスペシャル『残間里江子のプレミアムナイト』に出演することになったことから、西原のおバァ達の声を全国にお伝えしたいと想い、おバァ達に協力のお願いをしています。

http://cgi2.nhk.or.jp/navi/detail/index.cgi?id=13420110827

おバァ達はなんだかすっごく緊張していて、練習をしなくては・・・と、このところ毎日のように練習に励んでます。

昨日もおバァ達がこの暑い中集まってくれて・・・

さっそく予行練習。

こんなに大げさにしてもらって、申し訳ないなァ~。

何分くらいオンエアするのか分からないのに・・・

一生懸命に声を出してくれて・・・

おバァ達が教えてくれるこの古謡の会は、「コーラス・ユリの会」と言います。

Iori_208会長の本村キミおバァはすばらしい声の持ち主。

どうやったらあの声が出るんだろう~?

●利のおバァは畑仕事を終えて、腰を丸めながら後から参加。

どんな時にも畑仕事をサボることなんてありません。(ほんと、感心です)

この間の台風の日にも畑に出かけたって・・・。

すごいですよね~。おん年92歳のおバァですゾ~!!

Iori_206 さて場開きは、グヂンブーからです。この手のしなやかな動き、見ているだけで感動です。

これは、神さまから恵みを頂くことに感謝するという意味があるようです。

ウタキに仕えた人によると、目の前に神が姿を現して、恵みを与えれくれる様子がホントに見えるそうです。

だからそれを有り難く受け取って、感謝する。

Iori_207 そうした体験的リアリティがあるから、その恵みを大切にすくい上げて・・・という所作にも実感がともなっているのではないでしょうか??

線香の煙の中にも色々な姿を見出すンーマ(ウタキを守る神役の女性達)もおられるようです。

いわゆるシャーマニスティックな分野に関わることなのでしょうけれど、この手のこと、ごく普通に語られますよ~。

Iori_203そして、カチャーシーというか宮古独特の手フリで、喜びを表します。

おバァ達もご自分達の年齢を考え、そして伝承ということを常に意識しながら、古謡(古くから伝えられている歌)を教えてくれています。

Iori_205 何百年もの間、女性達が伝えつづけてきたこうした世界、これと出会っただけでも宮古へきた甲斐があろうというもの。ありがとう~、おバァ達。でも、厳しいおんな達。

おバァ達は口伝で覚えた古謡ですが・・・

わたし達若いものは・・・目から情報を得て、頭で覚えます。

ここには古語が多いので(なんとこの地区には平安時代に使われた和語というか大和言葉が残されています)耳だけでは中々覚えられません。

でもでも・・・、古謡を覚えて~島のおバァを目指すんだ~!

2011年8月 6日 (土)

台風一過・・・風強し

台風9号が遠くへ行きつつあるけれど・・・

Iori_170 まだまだ強風。波も押し寄せている。

まさか・・・こんな日に「ゆりの会」(西原地区の古謡

を伝承する会)があるとは想わないでいたら・・・

「待っとこうね~」と上●のおバァ。つまり、アッシー君お願いねってこと。

きゃァ~、こんな日も練習ですかっ!

とるモノもとりあえず・・・練習に出かける・・・。

最年長の●利のおバァも当然のように参加している。

おバァは午前も勿論のこと、午後からも畑仕事に出かけたって!!

すっごいとしか言いようがない。

Iori_003 とにかくココのおんな達はたくましい。

何せ、子どもが4人いたら4番目の子どもの家まで建ててやるのが、母親の甲斐性だとか。

わたしにはとっても真似できまへん~!

南国の母は強しなのであります・・・。

8月27日放送予定の「残間里江子のプレミアムナイト」にこのおバァ達の声を全国に届けたく想っています。

お聞きになれそうな方は、是非に・・・。

http://cgi2.nhk.or.jp/navi/detail/index.cgi?id=13420110827

NHKのHPで確認してくださいね!

『残間里江子のアラ還プレミアム』では、“われらがアラ還”とも言うべき団塊世代に人気のアーティストを招き、残間さんの生インタビューを通して「これからの生き方のヒント」を探っていくほか、70年代ソングを中心に懐かしい曲の数々を、生の歌声でたっぷりと披露していただく。

また、年を機に新たな人生をスタートさせた人や長年の夢を実現した人など、いわゆる「スーパー団塊人」を残間さん自らが訪ねる企画も盛り込む。

たぶん、これがわたしの出るところです

2011年7月24日 (日)

豊年祭・・・っていうか、宮古まつり

このところの宮古・八重山は・・・

季節的に「豊年祭」モードです。宮古・八重山の地域では、はやり八重山の方が派手な行事となっています。

沢山の「旗頭(はたがしら)」(なんといったかなァ~、とってもきれいです)がたったり、大綱引きもすごいです。

Iori_134 夏の空を仰ぎ見ると・・・

輝くような白い雲、ほんとに輝いてます!

方やここ宮古でも、おとといは漲水さんで豊年祭祈願が行われ、神人のいのり、そして地域の女性達のクイチャーなどで、賑わったという。

残念ながらわたしは仕事で石垣島だったから、宮古のはいけなかったけれど、たまたま石垣の仕事帰りに、空港へ行く道すがら・・・

あるウタキ(石垣ではオンというそうです)の前を通りかかったら・・・

おじィ達が打ち揃い、なにやら神妙に、にんがい(願い)をしているところに遭遇。あれ~、おじィ達のいのりもあるんだァ~と、仕事のアシスタントをしてくれている地元の女性も初めて見る風景だったらしいです。

Iori_144 そして、昨日は・・一年に一度の「みやこ祭り」。

宮古神社の神主さんを先頭に、

子ども達のエイサー隊が道を行きます。

お神輿も繰り出しましたよ~。

京都あたりのものに比べればもちろんこじんまりとしていはいましたけれど・・・

それでも担ぎ手がたくさんいて・・・

熱い熱い・・・

Iori_150 意外な島の人たちの熱さを感じました~!

にィにィ・・・、肖像権、お許しの程・・・

シャッターのタイミングでアップしてしまいました~。

このお神輿、

いつもは

どこに格納されてるんでしょうねぇ~

そして・・・宮古まつりでは恒例のミス宮古も決めたらしい・・・。

わたしの知人は初代の「ミス宮古」。

とってもきれいな若い女性です。

Iori_140彼女は、女性達を応援するスペースをされています。

でも、彼女曰く「わたし、ミスった宮古で~す」と。

これこれ、こういうウイット大事よね~

そして・・・真新しくなった「公設市場」の前には

Iori_143 ステージが設けられていて・・・

ステージの下には、もちろんあれ!

綱です。

何本もの縄が寄り合わされていて・・・

さらに太い綱になってます。

Iori_138こんな風にして、道路に大綱引きの縄がどうどうと横たわってます。

こっちは、「東」の綱。太くてすっごく重いみたい・・・

綱そのものはもてないので、

ところどころに、ひげみたいに引っ張る綱がちょんちょんと出てます~!

Iori_141 で、こっちは「西」の綱、

これを東西分かれて引き合います。

途中で帰ってきたのでどちらが勝ったのか分かりませんが・・・いずれにしても、一年に一度の大綱引き、皆んな集まって興味深々のようです。

はて?と見るとTVで見かけた顔が・・・。

Iori_135 「宮古島ビー●ボー●ズ」の面々が、アンケートをしているではありませんか!

はぁ~??って感じでした。

しきりに声を張り上げて声をかけてはいますけれど・・・集まるのは子ども達がほとんど、

宮古の大人たちはあまり感心がないようです。

そうなんですよ~!

君たち、宮古のことをもっと理解して欲しいなァ~!

そろそろ勘違いしていること、気づいた方がいいかもね~。

わたしだって、島にあってはよそ者。君たちも、もちろんそういうことさァ~

Iori_151そこんとこ、きちんと理解して仕事していった方がいいと思うよ~、●助さん!

市役所にも「ご意見箱」みたいの置いているけど、

あれ、意味あるのかな?

島を甘く見ては・・・いかんぜよ~!

島には島の論理ってものがあるわけさァ~。

わたしからすれば、「●来人」ってすでに初期の目的を大きく逸脱している風にしかみえないけどね・・・

まあ、都会目線ではいかんってことですよ~。

ここは島、大自然の神さんが見守る島なんだわさァ~!

「inori・ioriうつほ」から生れた「ことほぎグッズ」

  • んぬつ(命)守り
    「inori・ioriうつほ」から生れたモノ達をご紹介します。 主に書を中心に「言祝ぎ」のモノ達をご紹介します。

島de

  • 天地の和合
    島暮らしの出来事を紹介
無料ブログはココログ